生産工程

ハラスメントの防止に関する方針

ハラスメントの防止に関する方針

1. 当社は、人権と個性、多様性を尊重し、多様な価値観を取り入れ活かす組織づくりに努めます。

 

2. 当社は、ハラスメント行為や暴力行為、差別的な言動や尊厳を不当に傷つける行為を許しません。

 

3. 当社は、下記のハラスメント行為を禁止します。

(1) パワーハラスメントに関する禁止行為
職場において優越的な関係を背景とし、業務上必要かつ相当な範囲を超えた、あるいは業務上とは関係ない事項に関して、相手の人格や尊厳を侵害する言動を行うことにより、相手や周囲の人に身体的・精神的苦痛を与え、就業環境の悪化や雇用に関する不安を発生させるような行為を禁止します。

(2) セクシャルハラスメントに関する禁止行為
職場における性的な言動によって、相手や周囲の人に苦痛や不快感を与え、業務意欲の低下や就業環境の悪化を引き起こす行為を禁止します。また、性的な言動に対して拒否、抗議等を行った従業員に対する、不当な評価や配置転換等の不利益を与える行為を禁止します。

(3) 妊娠・出産・育児・介護休業等に関するハラスメントの禁止行為
妊娠・出産や育児・介護等の社内制度利用に関する言動により、相手や周囲の人に苦痛や不快感を与え就業環境を害する行為を禁止します。また、それを理由に解雇や不利益な取り扱いを示唆する行為を禁止します。

 

4.前項のハラスメント行為につき、業務分担や安全配慮等、業務上の必要に基づいて行われる言動については、ハラスメント行為に該当しません。

 

5.この方針の対象は、役員、従業員のみならず、当社に関係する全ての方を対象とします。関係する全ての方が良好で信頼のおける人間関係を構築できる職場を目指します。

6.当社は、ハラスメントを含む相談窓口(ヘルプライン)を設けており、具体的な事案が発生した場合には社内規則に基づき迅速かつ適正に対処します。相談者はもとより事実関係の確認に協力した方に不利益な扱いはしません。

 

7. ハラスメントの行為者に対しては就業規則に基づき、懲戒処分を含め厳正に対応します。また、 行為者の異動等、被害者の労働条件および就業環境を改善するために必要な措置を講じます。

 

8.当社は、啓蒙や研修を行い、職場におけるハラスメントの防止に努めます。